スポンサード リンク

湯原温泉の露天風呂について

岡山県県北の真庭市にある湯原温泉は5つの温泉(湯原温泉・真賀温泉・郷緑温泉・
下湯原温泉・足温泉)をまとめて【湯原温泉郷】と言われています。
湯原温泉の泉質は、低張性アルカリ高温泉で、豊富な湯量な源泉の特徴は、源泉が自噴泉であるという事です。
湯原温泉で有名なのが露天風呂の【砂噴き湯・砂場】です。
湯原温泉ならではの天然の露天風呂で、川底から砂を噴き上げながらお湯が湧いているので砂噴き湯・砂場と呼ばれるようになりました。
湯原温泉の天然露天なので、利用時間は24時間いつでも無料で入る事が出来ます。
しかし砂湯は混浴なので、女性が使いにくいという意見もあります。
その問題を解決する為に、湯原温泉の考えで、2キロ程下流に行った所に、男女別の露天風呂(ひまわり館)が作られました。
これにより、女性も砂湯を楽しむ事が出来るようになったのです。
湯原温泉の温泉街の中で、最も上流にある旅館として有名で日帰り入浴も出来るのが【八景】と言う名の旅館です。
昔の歴史を感じさせるようなたたずまいを見せている老舗の旅館が【油屋 食湯館】です。



Posted by えりりん at 2008年07月09日12:12
Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。